HOME > 住宅診断

住宅診断地震に強い建物ですか?EARTHQUAKE‐RESISTANT CONSTRUCTION

あなたの住宅はいつ建てられましたか?

建築基準法の耐震基準は過去の大地震を教訓に改正されてきました。壁量が少なかったり、壁配置のバランスが悪かったり、接合部分が弱いと地震の被害は大きくなります。
図面と建物の目視調査で耐震の診断ができますので、一度チェックをしてみませんか。
(特に昭和56年以前の古い建物は今の建築基準を満たしていない可能性があります。)

耐久補強工事は新築同様の検査を行い、高いレベルの強度を実現!

耐久補強工事は新築同様の検査を行い、高いレベルの強度を実現!

  • ■壁量計算を行い、基準をクリアする補強工事を実施

地震・火災に強い耐力壁を採用。壁量計算により、基準に満たない場合は耐力面材を使用します。従来の壁に比べ、格段の強靭性があります。

見えない部分もしっかり補強。どんな建物も耐震強度をクリア!

見えない部分もしっかり補強。どんな建物も耐震強度をクリア!

  • ■耐震基準に適合していない住宅に、基準をクリアする補強工事を実施

耐震強度をクリアするためにN値計算を行い、柱及び土台、基礎との接合部に金物の補強をほどこします。

お問い合わせフォーム

こちらは、イワクラホーム リフォーム事業部のお問い合わせ窓口です。

耐震構造チェックについてのご質問やご相談がございましたらお気軽にお寄せください。

「※」が付いている項目は必須入力項目となります。

お名前 (記入例:佐々木 太郎)
フリガナ (記入例:ササキ タロウ)
住所
電話番号
メールアドレス (半角英数字)
※確認のためにもう一度ご入力ください
(半角英数字)
お問い合せ内容

●プライバシーポリシーについて

入力された個人情報は、家づくりに関する資料等の提供に利用させて頂き、法令等で開示を求められた場合を除き、本人の許可なしに第三者に提供することはありません。
詳しくは「プライバシーポリシー」をご覧下さい。

●お客様の情報の保護について

このページはオンライン上でお客様のプライバシーを確実に守るために、「SSL」と呼ばれる特殊暗号通信技術を使用しています。
情報の入力画面時にブラウザ下に表示されている「鍵」の印が「SSL」による情報保護が有効になっている状態にあることを意味します。
SSL グローバルサインのサイトシール